アラカイ シルバーバイオレットフレームは、
エネルギーのバランスを整えストレスの軽減、不眠症、
自立神経失調症など あなたの疲れた心身を癒します

レイキヒーリング Alakai time

* Alakai Time * TOP > ヒーリングメニュー > シルバー・バイオレット・フレーム

シルバー・バイオレット・フレームとは?

シルバー・バイオレット・フレーム ( Silver Violet Flame : 金色がかった紫の炎 ) は、アセンデッドマスター ・ セントジャーメイン (Saint Germain ) の管理する浄化の光です。

セントジャーメインは元々、バイオレットフレームを 管理していましたが、時代の変化の要求によって シルバーの光が加わることにより、シルバー・バイオレット・フレームが 生まれました。 また、この光を大天使ザドキエル ( Archangel Zadkiel ) も 管理していると言われています。

シルバーバイオレットフレーム

シルバー・バイオレット・フレームは、 高周波数の強力な浄化のスピリチュアルエネルギーです。 このエネルギーはハートとマインドを開き、 カルマやトラウマの影響を変える事に大きく役立ちます。

また、自由、錬金術、正義、喜び、寛容、慈悲の本質を持っています。 シルバー・バイオレット・フレームは、 私達の肉体と細胞と原子の全て、精神・感情・ 潜在意識の記憶にまで浸透し、 悪影響を与えるどのようなネガティブも変化させます。

シルバーバイオレットフレームMenuへ戻る

どんな症状の時にシルバーバイオレットフレームが有効?

他の人から受けたマイナスエネルギーを浄化したい時や、 自分自身が精神的に落ち込んだり、 ネガティブで感情的になった時などに有効です。

シルバーバイオレットフレームMenuへ戻る

シルバーバイオレットフレームの効果

肉体に宿る物質的な毒素を排泄するだけではなく、 エーテル体、メンタル体エモーショナル体、 そして肉体に記録された現世や前世における カルマやトラウマを変化させることが出来ます。

強力な浄化作用をもつ光で ネガティブエネルギーを取り除くことができ、 カルマ ・ トラウマの解消に効果があります。

シルバーバイオレットフレーム

シルバーバイオレットフレームMenuへ戻る

自己治癒反応と浄化反応とは?

施術後やアチューメント後に、 身体に一定の症状が出ることがあります。 これは、自己治癒過程が体内で活発化している という"よい"しるしです。

体内のエネルギーバランスが整い、 血流が良くなるので、人によって一時的に 喉の渇き ・ 倦怠感 ・ 眠気 ・ トラウマ ・ 風邪の引きかけのような症状が現れることがあります。 こうした自己治癒反応 ( 好転反応 ) が起きた場合でも 数時間から1日ほどで収まります。 このように強い反応が出るのは、 癒しのプロセスが起こっているしるしです。 2度目のからは、ほとんど好転反応は起きなくなります。

シルバーバイオレットフレームMenuへ戻る

シルバーバイオレットフレーム ・ アチューンメント

アチューメント(伝授)を受けると、 すぐにご自身でヒーリングができ、 他者にもヒーリング・アチューメントができるようになります。 また、場所や空間 ・ 物などのネガティブエネルギーも浄化します。 マントラのみの使用でシンプルでありながら、とても強力な浄化のエネルギーです。

アチューメントを受けるには、 直接、遠隔の2種類から選べます。 マニュアル・認定書は、PDFファイルでお渡しいたします。 PDFを見られない方は、アチューメント料金の他に送料が必要となります。

シルバーバイオレットフレームMenuへ戻る

シルバーバイオレットフレームメニュー料金

対面または遠隔にて、お客様にエネルギーをお送りいたします。

このページのTOPへ戻る
* Alakai Time * HOMEへ戻る

Copyright  2008 * Alakai Time * All rights reserved. ?Feel free for link!

ご利用案内

スピリチュアルヒーリング

遠隔ヒーリング

マタニティ&ベビーヒーリング

産後ヒーリング

アバンダンティア

チャクラトリートメント

アニマルヒーリング

シルバーバイオレットフレーム

ラベンダーフレイム

霊視

護符 ・ 霊符

カードリーディング

エンジェルストーン

メニュー料金表

* Alakai Time * ショップ

リンク集?Thank you for...

プロフィール

*Alakai Time* HOMEへ戻る

Produced by * Grande Amor *

inserted by FC2 system